キャルのたわごと 〜オール中日の部屋〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京の食べ物

<<   作成日時 : 2005/09/19 11:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
 先日、生まれて初めて、どぜう鍋を食べた。
生まれて2回目にもんじゃ焼きを食べた。
生まれて初めて、浅草寺に行った。

 どぜう鍋って、思ったより癖がなくて、味の薄いウナギという感じだった。
焼酎や日本酒が飲みたくなる食べ物だと思いましたが、この後にしなければ
ならないことがあったので、白いご飯で我慢しました。「駒形どぜう」という店
だったのですが、室内が江戸時代の宿場町の宿みたいな感じでよかったです。

 もんじゃ焼きは、京都にいるので、京都の店で食べたことがあって、今回が
2回目でした。本場の月島に行って食べてみました。しかし、1回目に食べた
ときの違和感が今回もありました。味はお好み焼きなんだけど、どろどろとし
ているから舌がやけどするし、食べ方も難しいし、ちょっとボーっとしていたら
焦げてしまっているし、結構、気を遣う食べ物だなと今回も思いました。
 もんじゃ焼きはこれはこれでうまいのですが、お好み焼きや焼きそばのほうが
気楽に食べられます。

 浅草寺は雷門の前に立つと、初めてきた雰囲気ではなくって、親しみを感じた
のですが、その理由がわかりました。この町並みは京都・八坂神社の前に似て
いるのです。雷門ってテレビで観るのより小さいですね。こじんまりとした感じです。
 浅草寺の境内は京都・東寺(新幹線の京都駅から大きな五重の塔が見える寺)
に雰囲気がそっくりでした。

 面白かったけど、もっと雰囲気を演出できる街作りをして欲しいと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
業界最大級の動画配信
今年大学に入ったばかりのまなみちゃん。まだまだ制服が似合います。今回は着たまま3Pにチャレンジしてもらいました。 ...続きを見る
吉郎
2005/09/19 14:22
駒形どぜうの家訓
紺の暖簾に白抜きで、どぜう。 初代越後屋助七が当時有名な看板書き・撞木屋(しゅ... ...続きを見る
マダムがんこブログ
2005/10/16 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京の食べ物 キャルのたわごと 〜オール中日の部屋〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる